イメージ写真:診察する医師

高齢者の免許更新の診断書について

平成29年(2017年)3月から、改正道路交通法が施行されました。75歳以上の高齢者の自動車運転免許証の更新に際して、認知症の可能性が指摘された場合、診断書の提出が必要になります。

当クリニックでは、認知症の診断書作成を行っています。その際には認知症の診断を行うことが必要ですので、問診や診察、検査が必要となってきます。なお、必要に応じて紹介状を作成し、頭部MRI検査を受けていただきますのでご了承ください。

  • 保険診療可能です。
  • 診断書料は3,500円です。

重要 高齢者の運転免許更新の臨時適性検査とは、依頼を受けた医師が、その方が認知症であるかどうかについて診断を行うものです。運転免許更新の可否は、認知機能検査の結果、基準行為、臨時適性検査の結果(診断書)にもとづき、公安委員会が判断します。

ご高齢のご家族の運転に不安を覚えた方

以前はなかったのに、最近、運転時に以下の行為があれば、受診をご検討ください。

  • 信号無視
  • 通行禁止違反
  • 通行区分違反(右側通行等)
  • 進路変更禁止違反 (右折もしくは左折レーンなどの指定レーン以外の進路変更)
  • 交差点走行不適:交差点安全進行義務違反・交差点優先車妨害
  • しゃ断踏切立入り
  • 一時不停止
  • 優先道路通行車妨害
  • 徐行場所違反
  • 転回・後退等禁止違反
  • 加速不良
  • 指定通行区分違反
  • 横断歩行者等妨害
  • 踏切不停止
  • 自損事故が増えた
  • 指定通行区分違反
  • 横断歩行者等妨害通行帯違反